JTUからの要請(転記)

                公益社団法人 日本トライアスロン連合(JTU)
                                  会 長 岩城 光英

 JTU加盟団体・大会主催者そして選手への緊急要請  Athletes' Safety First

 日頃からトライアスロンの普及と発展のためにご尽力いただいている全国の加盟団体そして役員・選手の皆さまには心からの感謝を申し上げます。
 さて、7月半ばになりましたが、今年も猛暑の夏となっております。これに伴うように、複数の大会で死亡報告が続いております。ご遺族と関係者の皆様には、謹んでお悔やみを申し上げます。
 これまでもメディカル委員会そして関連委員会そして担当者を交え原因を分析しながら、対策を講じ、JTUウェブサイトなどを通じ、各種の注意喚起※を行ってまいりました。
 競技の開催にあたりましては、主催者、そして参加選手の双方が、リスク要因を十分に認識して競技に臨む必要があることは、これまで繰り返し強調されてきたことです。
 トライアスロン競技は、健康志向の高まりもあり、競技愛好者が増加しております。さらに、東京五輪・パラリンピックでのトライアスロン競技実施や著名人の競技参加もこれらを促進しているといえます。
 一方で、オープンウォーターで泳ぐスイムは、予想を超えたリスクが伴うものです。競技に関わる主催者・統括競技団体、そして選手の皆様すべてが、これらのリスクを改めて重く受け止め、対策を講じることを切にお願い申し上げます。
 選手各位におかれましては、「勇気あるリタイアが明日への挑戦につながる」ことを意識していただくよう、強く願います。リタイアは決して恥ずかしいことではありません。山頂をめざす登山家が登頂断念をする決断も同じことであると存じます。
 このトライアスロンが国民の健康促進に貢献し、大会主催地の地域振興につながることを念願し、皆様への緊急要請といたします。

追伸:このメールを御地の大会主催関係者そして選手に広く回覧するようお願いします。

※注意喚起・参考データ
[1]運動中の事故を防止するために~競技団体からの提言~
http://www.jtu.or.jp/news/2014/140711-1.html
JTU 2014JTUニュースリリース: 2014年7月11日(金)

[2]トライアスロン・関連複合競技の大会参加者への基本注意事項(改定第1版)
http://www.jtu.or.jp/news/2013/130318-1.html
JTU 2013JTUニュースリリース:2013年4月4日(木)

[3]トライアスロン大会参加選手用・熱中症対策(2013年6月8日改訂)
http://www.jtu.or.jp/news/2013/130613-2.html

[4]メディカル・アンチドーピング委員会からのお知らせ(ウォームアップ)
http://www.jtu.or.jp/news/2015/150710-4.html
2014JTUニュースリリース:2015年7月10日(金)
 

国体について

2016 岩手国体より、トライアスロンが正式種目となりました。
県代表選考につきましては下記ページをご確認ください。
国体選考基準
 

2016年度、会員の継続更新及び新規入会について

2016度は下記リンク先より登録いただけますようお願いします。
日本トライアスロン連合オンライン会員登録 2016年度

2014
年度より個人会員の継続更新及び新規入会は全てWeb登録となりました

Web登録の出来ない個人会員は静岡県トライアスロン協会事務局へ問い合わせして下さい
入会方法

団体会員の新規・継続はクラブ代表者へお問い合わせください

 

新着情報

 

掲示板

第14回 用宗アクアスロン 開催のお知らせ
パブリックスペース
05/30 22:33
2014年度 浜当目スイム&ラン開催のお知らせ
パブリックスペース
05/01 19:59
2014年度 三保スイムラン練習会
パブリックスペース
04/27 14:04
2013年度 三保スイムラン
パブリックスペース
06/22 00:37
第13回 用宗アクアスロン 開催のお知らせ
パブリックスペース
06/13 20:47

メニュー

入会方法・協会概要大会・イベント情報資料加盟クラブ問い合わせニュースフォトアルバムクラブ掲示板国体

Visitor

Total130038

オンライン状況

オンラインユーザー3人