初夏も優秀指導者招聘事業を開催!!

令和3年の静岡県優秀指導者招聘事業が、5月よりスタートしました。

本年度は、浜松と静岡の2拠点での練習会、強化対象選手へのノウハウ教授、アドバイス活動など、月通しての活動がメインとなります。

新型コロナウイルスの感染拡大に十分な注意を払いながら、6月も引き続き活動をしました。

 

2021年東海ブロックトライアスロン選手権により、静岡県の国体選手が決定しました。

理事会で正式採択されてから、正式発表となりますが、昨年度から参加してくれている選手が、頑張って成果を出してきています。

また、ベテラン選手も若手選手とノウハウを共有したり、「チーム静岡」として動いています。

10月の国体に向けて、静岡県チーム全体で取り組んでいきますし、中川コーチも全力を傾けます。

 

強化は、現役選手を強化するだけではいけません。

次世代のアスリートを発掘し育てるのも、県協会としての強化の役目です。

静岡練習会では、高校生2名の強化を行っています。

普段はなかなかできないインターバルトレーニングなどの強度トレーニング、加えて練習日誌の書き方の指導、シーズン目標の立て方や競技スキルの指導など、素晴らしいアスリートへ育つ土台の指導をしています。

インターバルトレーニングでも、しっかりと頑張ってくれました!!

 

 ※高校生アスリート達の頑張り!!


浜松では、淺井強化委員長と共に、石田凪帆選手の指導を中心に月2回練習しています。

1回目は、東海ブロックの刺激練習として1kmを気持ちよく刺激しました(浅井強化委員長も一緒に走りました)

2回目は、10月の国体に向けたスタミナ強化として3km2本のスタミナ練習を行いました。

8月いっぱいまではスタミナ強化を行います。

浜松では、日本トップクラスの選手指導を通じて、静岡県協会の強化指導のノウハウ研鑽を図っていくべく尽力します!

 

※3km2本に臨む石田選手
 
※刺激を行う石田選手、淺井強化委員長

 

いよいよ夏です。

県内各地の大会、県国体合宿など、10月の国体に向けた取り組みが進んでいきます!

「チーム静岡」で挑んでいきたいと思いますので、皆様応援をよろしくお願いします!

 

 

選手強化事業

国体・全日本選手権参戦のトップアスリートに向けて選手強化事業を行う。
強化指定選手を指定して選手強化事業を行い、活動を助成する。

選手強化事業として下記を行う

フィジカルトレーニング
・合宿の実施
・ドーピング講習会
・費用助成

2019年度の強化指定選手の期間・待遇変更

・認定期間を5月末までと延長する
・待遇を「B強化指定」については5月合宿前までに他県認定記録会で県内規定
「A強化指定」基準を上回れば「A強化指定」とする。
(JTU認定記録会・静岡県会場中止の対応)

2020年度・強化指定基準

指定、区分けは以下の通り
 指定区分け待遇
 A東海ブロック大会で県内1-2位の選手指定大会エントリー費
合宿全額補助
 B東海ブロック大会で3位以降の選手から成績を考慮指定大会エントリー費
合宿半額補助
 C実力は認められるが認定記録なしのもの補助無し
※認定期間は国体選考会終了から1年間