国体選出基準と強化選考基準変更について

常任理事会にて国体選考基準と強化選手選考基準の見直しを行いました。
詳しくは国体・選手強化のページをご確認ください。
概要
東海ブロック選手権への推薦条件
・学連登録者の扱いを明記
・エリート部門参加条件の明確化(日本選手権参加条件同等)

強化認定基準と待遇
・認定級による指定ランクの追加
・待遇改善
・ジュニア指定追加

※ジュニア発掘しエリート選手育成の為に強化事業を行い、強化事業に参加した者へ予選会への参加推薦を行う。

 

国体・強化事業

静岡県トライアスロン協会では国体へ選手派遣、エリート選手発掘の為、「選手強化事業」「ジュニア育成事業」を行っています。
「県国体強化育成補助金」「県優秀指導者招聘事業補助金」を活用して日帰り合宿、強化選手合同練習会、優秀指導者による強化選手合同練習会を行っていきます。

 

選手強化事業

国体・全日本選手権参戦のトップアスリートに向けて選手強化事業を行う。
強化指定選手を指定して選手強化事業を行い、活動を助成する。

選手強化事業として下記を行う

フィジカルトレーニング
・合宿の実施
・ドーピング講習会
・費用助成

 

静岡県トライアスロン協会強化指定選手認定基準

指定、区分け、待遇は以下の通りとする。 ※認定期間は国体選考会終了から1年間とする。

指定

区分け

待遇

A

国体正選手

強化選手を希望した認定記録級1~12級の選手

・指定大会エントリー費補助(規定内)
・強化事業費補助(規定内)

B

国体予備選手(東海ブロック選手権県内3.4位選手)

強化選手を希望した認定記録級1~15級の選手

・指定大会エントリー費補助(規定内)
・強化事業費補助(規定内)

C

前年度強化指定選手

強化選手を希望した認定記録級1~25級の選手

・強化事業費補助(規定内)

ジュニア

中学生

前年度強化指定選手

強化選手を希望した認定記録級1~12級の選手

・指定大会エントリー費補助(規定内)

・強化事業費補助(規定内)

ジュニア

高校生

前年度強化指定選手

強化選手を希望した認定記録級1~25級の選手

・指定大会エントリー費補助(規定内)

・強化事業費補助(規定内)


・上記基準を満たし、静岡県トライアスロン協会の認定を受けたものを強化指定選手とする。
・強化事業にて秩序及び風紀を乱したものは強化指定選手資格を剥奪する場合があります。
・静岡県トライアスロン協会強化指定選手を希望する方は「問い合わせ」よりご連絡ください。

 

2021年度強化指定選手(2022年国体選考会まで)

成人
男子:杉山太一、望月佐夢、北條孝樹、淺井邦人
    岩井悠二、森嶋良太、中嶋将太、大浦直繁
女子:石田凪帆、田中杏実、植松美晴

ジュニア
男子:中澤真浩、鈴木凛也、大畑僚汰
 

2021年度の選手強化事業

選手強化事業
開催日事業名会場 対象
2021年 5月2~4日強化日帰合宿磐田市 強化対象選手
2021年 8月13~15日強化日帰合宿磐田市強化対象選手
2021年 9月18~19日強化日帰合宿磐田市強化対象選手
7月・10月・11月・12月・1月・2月
強化選手合同練習県内強化対象選手
各月 2回
中川コーチによる強化選手合同練習会浜松・静岡
強化対象選手

東海ブロック選手権・派遣予定選手 
男子の部:5名

杉山太一、望月佐夢、北條孝樹、岩井悠二、淺井邦人

女子の部:4名
石田凪帆、植松美晴、宮本真奈美、田中杏実


この情報は2021年4月時点のものであり、随時追加変更いたします。